TROUPE AMAGABA

AMAGABA TROUP

30_合唱団GMC_s.jpeg

「トルペ・アマガバ」は、2003年に設立された文化クラブである。
全国各地から集まったメンバーは、多種多様な男女がおり、国際的に見ても最も有名なバンドのひとつであり尊敬を集めるグループである。
主に、伝統的な歌の制作、民俗舞踊の練習、太鼓の演奏、イベント開催などを行っており、内陸部やサブリージョンでの遠征も行っている。また、公的・私的な儀式など文化を広める活動も行っている。
私たちは、平和構築のベクトル・道具として平和と愛について歌う。世界の和解と平和的共存を提唱している。

トルペ・アマガバは17年間の活動の中で、以下のような賞を受賞している。
2008年、2009年、2010年、2012年、2013年、2014年に、いくつかの賞を受賞している。
AKEZA伝統音楽賞の「チーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。
2018年、2019年に民俗舞踊コンクールで最優秀賞を受賞している。2020年の1月には 、VUMERAという曲で 最も権威のある賞である""Best Musical Performance ""を受賞した。毎シーズン、私たちは東アフリカ諸国国際フェスティバル、パモジャ音楽祭など全国で多くのコンサートに参加している。
私たちのグループは、結婚式、フォークロアのイベント、文化の祭典などイベントでの演奏が多いため、この地域ではよく知られている。
このバンドは誰が見ても美しく、ドラム、ダンスなど才能豊かなアーティストたちで構成されている。また、アフリカンダンスの地域的な文化もミックスしている。

予選通過部門

NGENDAKUMANA GERVAIS

ンガンダクマナ・ジェルヴェは、振付家、ダンサー、思想家として、コンテンポラリーダンス、伝統舞踊、社会貢献のための振付、正義と平和へのコミットメントを融合させた作品を発表している。ADTの特徴的なムーブメントボキャブラリーの創造者であり、正義とブルンジのコミュニティに焦点を当てたカンパニーの振付方法の主要な立役者である。2011年フムラ振付フェロー、2012年・2021年ウムトニ振付フェロー、2016年ジョイス賞、2018年UBW振付センターフェロー、2019年ダンス/アフリカアーティストフェロー、2019年、2021年A.P.アマクング賞。2021年P.アマガラ賞を受賞。作品は東アフリカからケニア国際舞台芸術祭、ケニア領(2018)、Crossing Boundaries Festival、エチオピア(2015)、Harare International Dance Festival、ジンバブエ(2013)、New Waves Institute of Dance and Performance、rwanda(2012)、Aavejak Avaaz Festival、インド(2018)、Ocean Dance Festival、南アフリカ(2019)でツアーがされている。全国ツアーは、主にブジュンブラ(ブルンジ)のジョン・ミコンベロ・アーツ・センター、ダンス・プレイス・プラザ、ムユキ・アーツ&カルチャー・センター、ペインテッド・ブライド・シアターで行われる。amahasa Cities Uprising(2020年)を受け、BIPOCCの女性や女性ヒーラーを特別に招き、Kumukari(関係作り)ヒーリング・ムーブメントシリーズを創作している。ブルンジ大学のダンス教授として、ダンス研究とコンテンポラリー・プラクティスのコースを教えている。