【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

Breaking News!

去年と違う価値観で評価されることの楽しみ

Diversity in judgement 
《去年と違う価値観で評価されることの楽しみ》
芸術監督 松下 耕

 

 

 来年の東京国際合唱コンクールの審査員は、ハンガリー、フィンランド、ラトヴィア、ベネズエラ(アメリカ)、シンガポールから、合唱人なら誰でも憧れるマエストロ、マエストラを国際審査員としてお招きしています。今年の審査員はドイツ、スペイン、アメリカ、シンガポール、フィリピンからでしたから、演奏評価の視点も違ってくるでしょう。
ということは、去年と全く同じ演奏をしたとしても、評価が大きく変わる可能性があるということです。
 これは、今までの日本のコンクールにはなかった現象でしょう。つまり、表現のみならず、評価のダイバーシティに出会えるのです。
今年、もしも思うような成績とならなかった合唱団があったとしたら(どの合唱団も超優秀でしたから、金賞と銀賞しか与えられなかったコンクールですから、皆さん満足かと思いますが 笑)、また来年も出られてみてはいかがですか?
 来年の第一生命ホールの舞台には、これまで体験した事のない、新鮮な喜びが待っていることでしょう。

お申込み受付は、12月31日までです。お早めに!
(写真は、今年の審査員団の様子です。楽しそうですね!)

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Recent Posts
Please reload

​Archives
Please reload

最新投稿
Please reload

過去記事
Please reload