メンネルコール広友会

30_合唱団GMC_s.jpeg

メンネルコール広友会は1979年に広島メンネルコール東京OB会として12名で発足し、1982年に現在の名称に改めた創立40周年を迎えた男声合唱団です。
現在、約50名で東京都内を中心に活動しています。
メンバーの年齢・職業・合唱経験も様々な、名前のとおり男声合唱を愛する幅広い友の集いです。

予選通過部門

指揮者 中館 伸一

東京都出身。都立府中西高校合唱部を経て尚美学園短期大学音楽学科(声率科)卒業。声楽を大久保省三、角丸裕、音声生理学を小山裕之の各氏に師事,1991年より10年間プロ合唱団「日本合唱協会」メンバーとして活動、コンサートマスターも務める。
現在、東京・神奈川を中心に10余団体の常任指揮を務めるほか、数多くの合唱団・アンサンブルグループの指導、演奏会の客演指揮、各地の合唱講習会の講師、コンクールの審査など、幅広い活動を行っている。
JCDA日本合唱指揮者協会理事。21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」メンバ一。かながわ合唱指揮者クラブ会員。東京都合唱連盟個人会員。

指揮者 村松 賢治

愛知県出身。幼少よりヴァイオリンを始める。広島大学合唱団で学生指揮者を、また、四国フィルハーモニー管弦楽団では2ndヴァイオリンの首席奏者を務める。
現在、Ensemble PVD、合唱団ゆうかをはじめ複数の団体で合唱歌手として活動中。合唱指揮者としては、ヴォーカルアンサンブルコンテスト及び全日本コンクール県大会において複数回の金賞を受賞している。
21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」会員。JCDA日本合唱指揮者協会会員。

【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区