CancaoNova

30_合唱団GMC_s.jpeg

2016年7月創団、団名はポルトガル語で”新しい歌”。あっと驚くような合唱活動を志す合唱集団。 出身母体・年齢・性別・居住地に拘らず、新しいサウンド・合唱活動を目指して活動中。 活動拠点となる、いわゆる本拠地を設けず、関東支部(東京)・東海支部(静岡・愛知)・関西支部(兵庫)の3支部で活動を展開。 主な出演ステージは全日本合唱コンクール、 全国声楽アンサンブルコンテスト、東京国際合唱コンクール。 2020年3月15日に第1回演奏会を開催予定。

指揮者 下薗 大樹

神戸市に生まれる。関西学院中学部、高等部、大学理工学部を経て、同大学院理工学研究科にて和音の印象の数値化について研究。在学中は関西学院高等部グリークラブ、関西学院グリークラブに所属。関西学院グリークラブでは学生指揮者を務める。現在、ヤマハ株式会社に勤める傍ら、カンサォン・ノーヴァ指揮者、男声合唱団「風」副指揮者を務める。 カルテットグループ『カルテット男子』のメンバーとして活動し、同グループの編曲を行ったことをきっかけに独学で編曲・作曲を始める。「男声合唱のための中島みゆき名曲セレクション『誕生』」などを中心に複数の楽譜を出版している。