Segakoor K.O.O.R.

30_合唱団GMC_s.jpeg

混声合唱団K.O.O.R.は、2012年1月に結成されて以来、本番のみならず練習にも積極的に活動している合唱団です。 K.O.O.R.のメンバーは、指揮者のラウル・タルマー自身が混声合唱団「ノーラス」時代からの長年の音楽パートナーであり、その他にも多くの歌に関する経験者がいます。 K.O.O.R.は、さまざまな場所で、さまざまな機会に数十回のコンサートを行ってきました。2013年、第13回国際合唱祭 "Tallinn 2013" に参加し、第2位を獲得。2013年9月には、第20回International Festival of Orthodox Sacred Music CREDOに参加し、第1位を獲得。全国歌謡祭直後の2014年7月、ウェールズのランゴレンで開催された国際合唱祭において、民謡部門で第3位を獲得。2015年6月International Choral Competition Crakovia Cantans では、K.O.O.R.が民謡、ゴスペル、ポップス部門で第1位、混声合唱部門で第2位を獲得。2016年4月Cork International Choral Festival にてハインリヒ・シュッツ賞を受賞、2019年6月第9回International Choral Festival “Chernomorski zvutsiにてグランプリを受賞。

指揮者 Raul Talmar

ラウル・タルマー(1959年生まれ)は、1982年にTallinn Conservatoryを合唱指揮者として卒業。1977年から混声合唱団Noorusで歌い、1991年から2012年までは同合唱団の首席指揮者を務めた。現在は、混声合唱団「K.O.O.R.」とTallinn St. Charles Church Concert Choirを指揮している。これまでに、Academic Male Choir of the Tallinn Univeristy of Technology、Helsinki Trade Universityの男声合唱団、Klementi Sewing Factoryの女声合唱団、Pärnu Mattone Chamber Choir、国立少女合唱団Leelo、Tallinn Russian Choirなどを指揮している。2006年には、エストニア合唱協会の「Conductor of the Year」にノミネートされた。ラウル・タルマーは、エストニア合唱協会の会長も務めている。2018年からは、ヨーロッパ合唱音楽協会の理事を務めている。
1993年以降、ラウル・タルマーはYouth Song Festivalで混声合唱団と女声合唱団を指揮し、2004年以降はall-Estonian Song and Dance Festivalで指揮をしている。2011年には、第16回Gaudeamus Students' Song Festivalのエストニア・プログラムの芸術監督を務めた。

【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区