なにやらゆかし合唱団

Naniyara-Yukashi Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

2020年10月、関東の大学生を中心に結成された混声合唱団です。団名は、松尾芭蕉の俳句「山路来てなにやらゆかしすみれ草」にちなんでつけられました。
東京都内の演奏会・コンクールにて演奏活動を行なっており、2021年11月にはChoir IDEAとのジョイントコンサート「With...」を開催したほか、東京 春のコーラスコンテスト2022 一般の部クラシック・現代音楽部門(指揮あり)において金賞を受賞しました。

和田 太郎

福井県出身。仁愛女子短期大学子どものための音楽教室にて、3歳よりソルフェージュ、4歳よりピアノを始める。JPTAピアノ・オーディション全国大会優秀賞、KOBE国際音楽コンクール最優秀賞受賞。
慶應義塾大学文学部にて音楽学を専攻。ワグネル・ソサィエティー男声合唱団への所属をきっかけに、合唱団や声楽の伴奏を務めるほか、2020年に「なにやらゆかし合唱団」を立ち上げ、指揮活動を始める。あい混声合唱団に団員として所属。日本コダーイ協会会員。