アンサンブル・フェリーチェ

Ensemble Felice

30_合唱団GMC_s.jpeg

2009年3月創団。音楽監督・常任指揮者の服部陽介氏のもと、透明で奥行きのある響きを求め、聴衆の心に残る音楽作りに取り組んでいきたいという思いから結成された。
Feliceはイタリア語で「幸福」を表す単語。聴く人に幸せな気持ちを届けることのできる合唱団にしたいという思いから名付けられた。
東京都多摩地区を拠点に、単独演奏会の開催、各種合唱祭・コンクールへの参加を中心に活動している。
Voice Trainerの柴山晴美氏の指導による発声のトレーニングに力を入れ、団員の中で門下生として発表会で独唱を演奏する団員も多く、合唱経験者・初心者を問わず、個々の技術向上を重視し、団全体の音楽性の底上げに取り組んでいる。

予選通過部門

服部 陽介

国立音楽大学声楽家卒業。静岡大学大学院修了。
北海道旭川市での高校時代に合唱に出会い、大学時代に指導者としての道を志し、現在に至る。
ルネサンスから現代までの宗教音楽を中心に、邦人作曲家の合唱組曲等様々な作品の指揮を行ってきた。東京都多摩地区を中心に多くの合唱団の指導を手がけ、透明で奥行きの深い響きを作りあげていく手法が多くのファンを魅了している。
海外での聖堂演奏会やミサ奉仕の経験も多く、グロリア少年合唱団海外演奏旅行に帯同。フランス、スペイン、ポルトガルを歴訪し絶賛を博した。