男声合唱団 銀河

Male Choir "Ginga"

30_合唱団GMC_s.jpeg

男声合唱団銀河は 2007 年に常任指揮者の天川雅俊を中心に集まって旗揚げした合唱団です。兵庫VocalEnsembleContest2012, 2022 金賞などコンテスト受賞歴は多数に渡り、PRAY FROM KOBE やコー
ラスめっせなど関西の合唱イベントに精力的に出演する他、ミュージカル公演の参画、2016 年には北海道にて全国の若手合唱人たちとの Joint Concert「SING FORWARD」に参加する等幅広く活動しています。また 2020年から YouTube へのリモート合唱動画投稿に取り組み、神奈川県リモート合唱コンクール最優秀賞、#エイべのアソビバリモート合唱コンテスト課題曲 B 部門最優秀賞などを受賞。
「男声合唱を “ツール” としてジャンルにとらわれない時間芸術の創造を主体的に行う」をスローガンとし、新作委嘱や POPS 曲のオリジナル編曲など、独創性を持ち味とした活動を展開しています。

予選通過部門

天川 雅俊

神戸大学経済学部卒業。在学中、神戸大学混声合唱団アポロン学生指揮者、大阪府立三国丘高等学校音楽部指揮者として研鑽を積み、卒業後は会社勤務の傍ら合唱指揮者として精力的に活動。兵庫ヴォーカルアンサンブルコンテスト金賞・兵庫県芸術文化協会賞など、自身が指揮する団体を率いてコンクール等での受賞歴多数。オーケストラやロックバンドといった様々な伴奏形態での合唱演奏を得意とし、ミュージカルでは2013年にLes Miserables、2016年にThe Phantom of the Operaを指揮しそれぞれ好評を博す。また、石若雅弥、北川昇、牧戸太郎といった若手作曲家の新作初演のタクトをとっている。近年では審査員や講習会の講師を務めるなど、活動の幅をさらに拡げている。コロナ禍ではバーチャルコーラス活動に切り替え、神奈川県リモート合唱コンクール2020最優秀賞、エイベックス主催「合唱のアソビバ」最優秀賞、第2回テレコーラスコンクール審査員賞1位など、目覚ましい成果を上げた。
現在、男声合唱団銀河常任指揮者、合唱団かえで指揮者、泉北混声合唱団指揮者、関西合唱連盟主事、兵庫県合唱連盟主事、堺市合唱連盟副理事長。21世紀の合唱を考える会 合唱人集団「音楽樹」会員。指揮法ならびに合唱指導法を斉田好男氏に師事。