豊田市少年少女合唱団ユース

Toyota City Boys and Girls Choir youth

30_合唱団GMC_s.jpeg

豊田市少年少女合唱団は「豊田市民の音楽使節」として1977年に公立の少年少女合唱団として発足。「明るく、楽しく、心と心のふれあう市民文化活動のシンボル」となることをモットーに、小学2年生から大学生を対象に活動している。定期演奏会をはじめ、各種コンサートに多数出演。定期演奏会では、これまでに客演指揮者として大谷研二、Éva Radics、松下 耕氏らを招く他、童声合唱とピアノのための「ひびかせうた」(曲:信長貴富 詩:木島始)、「Our Songs」(曲:岩本渡・成本理香・小前奏人 詩:団員 演出:飯塚励生)など委嘱初演を行う。
平成13年度愛知県芸術文化選奨を受賞。2015年宝塚国際合唱コンクール近現代部門金賞及び兵庫県知事賞、2018年・2021年声楽アンサンブルコンテスト全国大会一般部門金賞・2018年同本選にて福島市長賞、2018年第1回東京国際合唱コンクールユース部門1位、2019年軽井沢国際合唱フェスティバルに招聘されSinging Game in Karuizawa第1位およびオーディエンス賞を受賞。

予選通過部門

永 ひろこ

名古屋市出身。愛知県立芸術大学音楽学部声楽専攻卒業。声楽、古楽歌唱法、合唱指揮法を学び、楽曲の様式に基づいた演奏スタイルと合唱で可能な新たな舞台表現の双方を追究する。1990年より当合唱団の指導にあたりこれまでに多数の合唱コンサートを企画・指揮。東京国際合唱コンクール、宝塚国際室内合唱コンクール、声楽アンサンブルコンテスト全国大会等での上位入賞に導く。現在、愛知県内において小学生からシニア世代までの合唱指導を務める。愛知県立芸術大学、金城学院大学非常勤講師。全日本合唱連盟小学校部門課題曲選考委員。