CLSU MAESTRO - SINGERS

CLSU MAESTRO - SINGERS

30_合唱団GMC_s.jpeg

中部ルソン州立大学マエストロシンガーズ(CLSU Maestro-Singers)は、1998年にFulbright奨学生であり、地元、地域、国、国際レベルで数多くの賞を受賞しているCLSUの文化大使であるClorante P. Ibarra博士によって結成された。結成からわずか4年で、合唱の分野で名声を得るのに十分なほど、多くのコンクールで賞を獲得している。最近ではイタリアのフィレンツェ合唱団が主催するレオナルド・ダ・ヴィンチ国際合唱祭で、バーチャルクワイア部門でゴールドメダル、ゴールドディプロマ、カテゴリーチャンピオン、宗教音楽カテゴリーでシルバーディプロマの2賞を受賞している。また、インドネシアのパンドン合唱団が主催する第3回BCS世界バーチャル音楽祭では、フォルクロア部門でゴールドメダル賞、再生回数最多賞を受賞。2019年に中国マカオで開催された第4回マカオ国際合唱コンクールにおいて、混声合唱部門でゴールドディプロマ賞、宗教音楽部門でシルバーディプロマを受賞した。現在、CLSUマエストロシンガーズは合唱において高い水準を維持し、農学および関連科学の分野だけでなく合唱の分野においても、フィリピンのダイナミックで尊敬される国立大学としての評判を支えている。

予選通過部門

JEZREEL DAVE L. LEYBAG

音楽教育と演奏を専門とするプロの教員免許を持つ。セントラルルソン州立大学で学士号を取得し、優秀な成績で学業を終え、さらに大学の文化賞受賞者にも選ばれた。
また、Cuyapo Rang-ayアンサンブルやCLSUマエストロシンガーズの指揮者として、マーク・アントニー・カルピオ教授が指揮者を務めるシング・フィリピン・ユースクワイア(SPYC) バッチ4に参加した。
現在、同氏はODBBCの音楽監督とユースリーダー補佐、ODCAのグラフィックアーティストとビジュアル・ディレクター、Nueva Ecijaユースネットワークの高等教育機関コーディネーター、CLSU教育大学の文化・芸術講師も務めている。

FLORANTE P. IBARRA

2009年フルブライト奨学生として米国に留学し、国際的に知られる。2009年から2012年まで、米国ニューヨークのコロンビア大学教育学部で音楽と音楽教育の博士課程を修了した。ジュリアード音楽院のジャンヌ・ゴフィ・フィーン博士のもとで声楽と合唱の教育学を学ぶ。マエストロ・ランディとして知られる彼は、フィリピン大学ディリマン校音楽学部で合唱指揮の音楽修士号を、サント・トーマス音楽院で音楽教育(声楽)の学士号を取得し、優秀な成績で卒業している。合唱指揮をラウル・ナバロ博士、ニカノール・マゾ・ジュニア教授から学び、ルズビミンダ・ドミンゲス・ゴンザレス教授(通称「ティタビナ」、UP マドリガル・シンガーズの先駆的メンバーの1人)からクラシック歌唱を初めて教わる。また、マエストラ・サルバシオン・オプス-イニゲスとグロリア・ディゾン-コロネル教授の指導の下、声楽も学んだ。
数々の受賞歴を持つ合唱指揮者であり、若い芸術家のための全国音楽コンクール(NAMCYA)やフィリピン国立大学開発評議会(DCSUC)の文学・音楽コンクールの受賞者を育てた。また、米国、イスラエル、シンガポール、タイ、インドネシアで開催された国際合唱ワークショップにも参加した。現在、セントラルルソン州立大学教育学部に所属し、音楽と芸術の主要科目を教えており、国内外での演奏活動を続けている。音楽研究者としては、先住民族の音楽の伝統の教授と学習に関する研究論文を、スコーパスに登録されている国際音楽コミュニティ誌や定性的レポートといった国際的な学術誌に発表している。