Coro de Cámara Oretania

"Oretania" Chamber Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

1998年の設立以来、「オレタニア」室内合唱団は、カスティーリャ・ラ・マンチャ州の文化シーンにおいて、最も重要な音楽の賭けの1つとしてその地位を確立してきた。ラ・マンチャ地方の若者たちの幻想から生まれたこのプロジェクトは、現在では、絶え間ない更新、改善、発展を求める未来への展望を持った、成熟した確固たる存在となった。

Báñez Lechuga Daniel Dumas

1978年シウダレアルに生まれ、この町の マルコス・レドンド "音楽院で音楽を学び、ピアノ、音楽言語、歌唱を習得した。同校の合唱団に所属し、そこで合唱の天職を見出す。その後、大学の合唱団に入り、2年間副部長とオルガニストを務める。