IAKN Manado Mix Choir

IAKN Mix Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

IAKN Mix Choirは、2018年末に結成された学生合唱団。学生と講師で構成される学生活動ユニットの1つである。

Alrik Lapian

1979年11月17日、インドネシア・北スラウェシ州トモホン市生まれ。STT Abdiel-Ungaranにて教会音楽を学び、インドネシア芸術学院(ISI)スラカルタ校にて音楽制作・研究の大学院教育(S2)を修了する。現在、マナド州立キリスト教学院(IAKN)の学生担当副学長および協力担当を兼任しながら、芸術宗教社会科学部およびキリスト教教育学部の教会音楽研究プログラムおよび教会音楽教育学の講師を務める(2018年~)。

Stevano Samuel Ape

ルウィック生まれのステヴァノ・サミュエル・エイプは、若い作曲家として知られる。
作曲家であり、またインドネシアの多くの地域で教会に奉仕する聖歌隊の練習生としても知られています。北スラウェシ-インドネシア国立キリスト教宗教学院(IAKN)で教会音楽を専攻し、作曲を中心としたピアノを修了した。
2005年以降、いくつかの合唱団で指揮者・作曲家として活動し、国際的な賞を受賞。
現在、2006年に自ら設立したBlessing Collegium Chorus Manadoの合唱監督を務める。また、Alrik lapian氏指揮の下、IAKN Mix Choirの副指揮者でもある。
また、東インドネシアの多くの教会で、コーチ、審査員、合唱団のコンサルタントとして、合唱団の育成に積極的に取り組んでいる。
また、東インドネシアの多くの教会で、合唱団の指導、審査員、合唱団のコンサルタントとして活躍している。また、数多くの福音セミナーで講演を行い、クワイアーシンガーやソリストの個人指導も行っている。