Voci di Gesù Chamber Singers

Voci di Gesù Chamber Singers

30_合唱団GMC_s.jpeg

Voci di Gesù Chamber Singersは、2011年8月22日にフィリピンのカビテ州ジェネラル・トリアスにあるティエラ・ネバダ・コミュニティで設立された教会系の合唱団である。ティエラネバダの日曜ミサと、カビテ州ジェネラル・トリアスのパソン・カマチレにあるアンニンシオン教区の第一日曜ミサで奉仕する男性だけのアンサンブルとしてスタートした。2018年1月に指揮者ダニエル・デュマ氏の指導のもと、混合声楽アンサンブルとして再結成し、様々な地元の合唱コンクールに参加。マカティ市のドン・ボスコ教区で開催されたHIMIG NG KABATAAN ALAY KAY DON BOSCO 2018でセミファイナリストとなった。ケソン市クバオのOur Lady of Perpetual Helpで開催されたMUSIKA MARIA 2018でグランドファイナリストとなった。WIKAWIT Tagisan ng mga Korong Kabitenyo in Nobato Categoryでグランドファイナリスト、3位入賞。2019年、合唱団はインドネシアのスマランで初の国際ツアーとコンクールに乗り出し、第5回カランツリ国際コンクールで2つの銀レベル証書とメダルを授与された。現在、毎週日曜日に聖ガブリエル大天使教区と聖ポール教区で、またフィリピン・タガイタイ市のティエラ・デ・マリアで第一土曜日のミサに奉仕している。

Daniel Dumas

ダニエル・デュマは、ヴォーチ・ディ・ジェス室内合唱団の創設者であり、指揮者である。国内外での様々な合唱コンクールで合唱団を率いている。AMAコンピューターカレッジでコンピューターサイエンスの学位を取得し、現在はフィリピン大学音楽学部で声楽を専攻している。世界的に有名なImusicapella Chamber Choirのメンバーであった。