【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

レガーロ東京

30_合唱団GMC_s.jpeg

 2010年結成。力強くかつ女声ならではの透明感もある音色で、独特の世界観を創り出している。教会音楽から昭和歌謡、現代音楽に渡る幅広いレパートリーを持つ。2012年5月、フランス・パリ公演にて海外デビュー。2013年10月、釜山国際合唱祭&コンクールにて、エスニック部門金賞受賞(1位・単独)。2015年、第11回軽井沢国際合唱フェスティバルへ、招待合唱団として招聘された。 これまで、学校教育音楽や課題曲を中心として多数のレコーディングやコンサートに参加。BS-TBS「日本名曲アルバム」に出演する他、2016年9月にビクターより発売された「みんなの合唱 スタジオジブリ集」に参加している。

出場部門

指揮者

古橋 富士雄

指揮法を斎藤秀雄、作曲を島岡譲、ピアノを宮島敏の各氏に師事。これまでに原信子オペラ研究所の専属ピアニスト、NHK東京児童合唱団常任指揮者(音楽監督)、桐朋学園大学音楽学部講師、東京家政学院短期大学講師、日本合唱指揮者協会理事長、浜松市アクトシティ音楽院音楽監督、日本コダーイ協会理事、NHK「Nコンon the Web」の解説者を歴任する。現在10の合唱団の音楽監督を務める他、全国各地の講習会、コンクールの審査等、常に合唱界の指導的立場を担っている。2013年9月より福島県相馬市の子供達を対象に、東日本大震災後の復興支援活動としてエル・システマジャパンの合唱・音楽監督として指導にあたっている。現在NHK東京児童合唱団名誉指揮者、日本合唱指揮者協会常任相談委員、日本コダーイ協会理事。