【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

Ondrasek Czech Youth Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

国際コンクールやフェスティバルで受賞し、国内の芸術家・作曲家・オーケストラと共演してきたOndrášekは、過去50年のなかで、チェコにて最も成功を収めた合唱団の一つとなった。Ondrášekはアレッツォ、ランゴレン、モントルー、ネールペルト、タンペレ、コーク、バレッタ、ブラチスラヴァ、広州、ワシントン、カウナス、ユールマラなど多数のフェスティバルにて受賞しており、地元でとても評価の高い合唱団である。 レパートリーはルネサンスから現代音楽まで幅広い。 近年の特筆すべき賞は2014年6月の初訪米にてセレナーデ合唱フェスティバル(ワシントンDC、アメリカ)にて優勝したことから始まる。2015年12月には、カウナス(リトアニア)のカンターテ・ドミノ合唱祭にて最も活躍した児童合唱団としてグランプリを受賞。2016年12月にはブラチスラヴァ(スロバキア)の国際フェスティバルにてグランプリを受賞した。

指揮者

Josef Zajicek

1961年、Nový Jičín(旧チェコスロバキア)生まれ。 1976〜1980年、Roudnice nad Labem(同)の軍事芸術学校に通い、フレンチホルンおよびハープを学ぶ。 1982~1985年、Jaroslav Ježek 専門学校(チェコ語:Konzervatoř Jaroslav Ježka/プラハ)にて学ぶ。 1985~1991年、プラハおよびブルノの音楽院にて独唱を学ぶ。 1980~1988年、陸軍音楽隊(ターボル)にてコンサートマスターおよびソリストを務め、また民謡の解釈者として人気を得る。 1988年、故郷の初等芸術学校に音楽科創立。1992年より、Nový Jičín 初等音楽学校の合唱団であるOndrášekの指導者および芸術監督を務める。 NIPOS ARTAMA Prague児童合唱団専門委員会、専門審査員メンバー。