【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

合唱団 花集庵

30_合唱団GMC_s.jpeg

団名には一つ一つの音楽がもつ異なった魅力を表現する「団員それぞれのもつ芸術のこころ『花』を集めて」という思いを込めています。 団の大きな方針としては「新しい」ことをやりたいと志しています。作曲家が新しく作ったという意味ではありません。奇を衒いたいという意味でもありません。合唱という言葉にとらわれず、自分達がよいと思う表現を信じて果敢に取り組もうと考えています。私たちの目指すその「新しい」は相対的な価値という性質があるのかもしれません。世界の合唱団や他の業界では既存かもしれません。しかしそれも問題ではないのです。 何が自分たちのやりたいことなのか今日も模索しながら活動しています。今日は新しくないこともやりますが、想いの片鱗を感じていただけたら幸いです。

出場部門

指揮者

荒木 旬

合唱団 花集庵と愛知高等学校合唱部にて演奏活動を行う。 邦人作品、スピリチュアル、北欧民謡など、様々なスタイルの音楽を表現する。音楽の中にある美しい情景や心の動きを意識し、“人と音楽を繋げる”ことを、表現を通じて追求する。