【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

アトリオン少年少女合唱団

30_合唱団GMC_s.jpeg

アトリオン少年少女合唱団は平成26(2014)年12月、歌劇『ヘンゼルとグレーテル』への出演を機に結成された小学4年生から高校3年生までの児童・生徒からなる合唱団で、音楽ホール主催公演でのプロ音楽家との共演、年齢の異なる団員同士での交流・研鑽・助け合いなどの様々な活動を通し、豊かな感性と協調性、自立精神を育むことを目的に活動を行っております。 これまでにコンサートオペラシリーズなどの主催公演だけでなく、外部からの依頼演奏も経験して参りました。 アマチュアの団体ではありますが、プロとの共演を前提とした合唱団ですので、良い演奏・良い音楽を目指して音楽経験の無い団員も指導者の丁寧な指導の下、団員一緒に日々頑張っています。

出場部門

指揮者

加藤 洋朗

東京音楽大学声楽専攻卒業。同大学研究生修了。 合唱指揮を田中信昭に、指揮法を高階正光に師事。 各地に於いて合唱指導に携わり、合唱指揮者として、小林研一郎/ハンガリー国立響、本名徹次/日本フィル等、数多くのオーケストラと共演。 2003年~2012年、NHK東京児童合唱団の常任指揮者を務める。桐朋学園大学音楽学部講師。