【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

合唱団Volare

30_合唱団GMC_s.jpeg

兵庫県立長田高等学校音楽部のOB合唱団として2008年に結成。「Volare」という団名は、Eric Whitacre作曲のLeonardo Dreams of his Flying Machineの一節から命名しており、イタリア語で「飛ぶ」という意味である。高校時代に作り上げた合唱からさらに飛躍したいという願いを込めている。母体である長田高校音楽部の定期演奏会への賛助出演や年1回の主催演奏会、病院等への訪問演奏、県内の合唱関連イベント、各種コンクール出場等、精力的に活動中。 <主要な活動実績> 兵庫ヴォーカルアンサンブルコンテスト(HYOVEC)にて6回の金賞を受賞(うち、3回は総合一位)。第31回宝塚国際室内合唱コンクール 近現代部門にて銅賞を受賞。第73回関西合唱コンクール混声合唱部門にて銀賞を受賞(第64回より連続して出場し、5回の金賞を受賞)。2019年2月に開催した創団10周年記念第7回演奏会において、千原英喜氏の委嘱初演作品「無限の前に腕を振る」を演奏。

出場部門

指揮者

合田 芳弘

大阪音楽大学卒業。声楽を故・横田浩和氏、指揮法を斉田好男氏、合唱指導を松原千振氏、故平田勝氏に師事。平成26年度まで20年以上にわたって、兵庫県立長田高等学校音楽部を指導し、全日本合唱コンクール全国大会出場、NHK全国学校音楽コンクール全国大会優良賞をはじめ、毎年コンクールで好成績を収める。その他神戸市教員合唱団、大学生によるジョイントコンサートの客演指揮や神戸中央合唱団のソリストも務める。平成22年度文部科学大臣優秀教員表彰を受賞。関西合唱連盟理事、兵庫県合唱連盟理事、日本合唱指揮者協会会員。