【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

桜楓合唱団

30_合唱団GMC_s.jpeg

日本女子大学合唱団の卒業生によって1964年に結成され、学生時代の常任指揮者であった木下保先生に引き続きご指導いただき、1970年からは毎年定期演奏会を行ってきています。木下先生没後,1983年より、田中信昭先生をお迎えし、レパートリーが現代曲にも広がりました。さらに、国内外の作曲家に委嘱、初演を行うようになり、2014年、結成50周年記念の「あどけない帰郷(松下耕作曲)」で17曲となりました。 1988年からは、松原千振先生に、その後は松下耕、藤井宏樹、浅見佳奈子、間谷勇、森田悠介の各先生に指揮、指導をお願いしてきました。 現在は、松下先生、森田先生ご指導のもと、ピアニストの前田勝則先生、発声指導の錦織まりあ先生に支えていただきながら、練習を重ねています。結成当初から歌い続けているメンバーも健在!気持ちは常に若いのですが、シニア部門にエントリー出来てしまう団体に成長?いたしました。

出場部門

指揮者

森田 悠介

東京学芸大学教育学部中等教育教員養成課程音楽専攻を卒業。 合唱指揮を松下耕氏に、声楽を大野徹也氏に、ピアノを椎野伸一氏に、それぞれ師事。 6団体の合唱団に常任指揮・音楽監督として携わる他、各団体・学校などで合唱講師を務める。2015年には四大学女声合唱連盟ジョイントコンサートの合同ステージを指揮し、好評を博す。歌い手として海外のフェスティバルや国際コンクールに参加するなど、精力的に合唱活動を行っている。 リチャード・ミラー氏による発声法、カルドシュ・パール氏による純正調ハーモニー感覚の育成を体系的に指導・実践している。YouTube番組「合唱音楽学校ちゃんねる」を運営する。 日本合唱指揮者協会会員。