【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区

Langeracq Cantus Chamber Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

台北市立大直高級中学(高等学校)のOBによって2005年に設立され、現在はTien-Ming TANGが合唱団の常任指揮者をつとめる。2011年には国立コンサートホールでThe Pphilharmonia Moments Musicauxオーケストラと共演しベートーヴェンの第九を歌った。2017年には台湾における合唱コンクールで銅賞を受賞。自身のCDである「The Liturgical Music, Vol.IV」は台湾のゴールデン・メロディ賞2017の宗教音楽アルバム部門にノミネートされた。

出場部門

指揮者

Tien-Ming Tang

国立中山大学音楽学科においてChia-Fen Weng氏の指導のもと合唱教育修士取得。1989年にTaipei Male Choirを設立、国内外の合唱活動において客演指揮、審査、指導をつとめる。 タイ、バンコクのマヒドン大学音楽学部で学び、現在は国立中山大学の音楽学部講師を務めるほか、台湾の輔仁大学でChing-Chun Su氏のもと博士課程に在籍している。