Polifonica Chamber Choir

30_合唱団GMC_s.jpeg

幅広い合唱経験を持つ約30人によって構成される。多様な楽曲を扱い、メンバーは古典から現代の作曲家による幅広い合唱音楽のジャンルに精通している。合唱団は様々な職業と異なる音楽レベルのメンバーをひとつにしてきた。 ミンスクにおいてはゲストとして歓迎され、海外でのツアーも行っている。その演奏は専門的にも、一般の聴衆にも高く評価されており、2012年にプラハで開催された国際アドベント音楽祭では第2位を受賞した。最近では、2013年10月に北アイルランドのDerryで開催された国際合唱コンクールで第3位、2017年7月にシチリア州ミラッツォの国際コンクールでも第3位をそれぞれ獲得した。

指揮者

Pavel Shepelev

1975年ミンスク生まれ。 1982年ベラルーシ国立音楽院音楽学部に入学、1993年合唱指揮専攻を優等学生として修了。卒業後も学習を継続し1999年にV. Rovdo教授のもと修士号を取得。 2010年以来、国立ベラルーシテレビ・ラジオ社のthe Honoured Formation of the Academic合唱団を指揮してきた。録音蓄積による基本的な創作活動のほか、ミンスク、国内外でコンサートに積極的に参加している。 現在、共和党体育館とベラルーシ国立音楽アカデミーの大学における少年聖歌隊隊長、Polifonica Chamber Choir指揮者。

【主催】

一般社団法人 東京国際合唱機構

 

【共催】

中央区